自分に合った「保育士」の求人を見つけるには…

みなさんは、ご自分で求人票を探したことはありますか?求人票を見るだけでは、そこがどんな職場なのか、なかなかわかりませんよね。「なんとなく給料がいいから」なんて理由で選んでしまったら、実はとってもハードな保育園だった……なんてケースもあるのです。

応募する前に、保育園の実情がわかれば、そんな失敗を防げるのです。そのためにはまず、保育士専門のエージェントサービスに登録しましょう。

エージェントサービスとは?

エージェントサービスとは、保育士の転職を支援するサービスのこと。エリア別や雇用形態、サービス形態などを基準に求人情報を提供したり、また、専任コンサルタントから個別相談を提供したりするサービスです。

専任コンサルタントは、各保育園の事情通。求人情報では分からない、保育園の様々な事情を握っています。

口コミ・評判の良いおすすめの
保育士求人・転職サイトをCheck!

保育士の転職におすすめの求人サイト一覧

保育Aid

保育Aid

引用元 保育士Aid http://www.hoiku-aid.jp/

職場の人間関係を重視する保育士の求人サイト

保育ひろば

保育ひろば

引用元 保育ひろば https://hoiku-hiroba.com/

業界最大規模の求人数を抱える保育士求人サイト

fine!保育

fine!保育

引用元 fine!保育 https://hoiku.fine.me/

細かい条件設定で職場と求職者のミスマッチを防止

求人情報ナビ+V

求人情報ナビ+V

引用元 求人情報ナビ+V http://www.jobplus-v.com/

保育士だけじゃない!保育関連の求人情報多数

保育士.net

保育士.net

引用元 保育士.net http://www.e-hoikushi.net/

転職・就職の支援を行ない、新米保育士をカバー!

ブルームラボ

ブルームラボ

引用元 ブルームラボ http://hoiku-work.com/

「おためし勤務」や「スカウト登録」など便利な制度アリ!

ほいく畑

ほいく畑

引用元 ほいく畑 http://hoikubatake.jp/

独自のネットワークで他にはない求人の掲載があるサイト

保育R

保育R

引用元 保育R http://www.hoiku-r.com/

登録不要で手軽に転職活動ができる保育士求人サイト

保育士コンシェル

保育士コンシェル

引用元 保育士コンシェル http://www.prograte.com/hoiku/

関東で多数の保育士の求人を有するサイト

サポートナビ保育

サポートナビ保育

引用元 サポートナビ保育 http://www.supportnavi-sougou.com/

保育士のコミュニティの場「みるく・ぶれーく」が人気

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ

引用元 保育情報どっとこむ http://www.hoikujyouhou.com/

未経験・無資格でも働ける保育園を多数掲載!

保育パートナーズ

保育パートナーズ

引用元 保育パートナーズ http://www.hoiku-partners.com/

転職・就職の無料相談会アリ!自分に合った職場が見つかる

ゆめほいく

ゆめほいく

引用元 ゆめほいく http://hoikuhaken.com/

専任のコンサルタントがバックアップ!心強い味方です

保育バランス

保育バランス

引用元 保育バランス https://www.succeed-jinzai.jp/lp/hoiku/20141110_2/

ワークライフバランスを重視するなら事業所内保育所!

保育わーく

保育わーく

引用元 保育わーく http://hoiku-work.net/

研修制度や資格取得制度など、キャリアアップに強い求人サイト

保育ハロージョブ

保育ハロージョブ

引用元 保育ハロージョブ http://hoiku-hello-job.net/

効率よく働くならチャイルドケアシステム導入の保育園で!

保育マルシェ

サポートナビ保育

引用元 保育マルシェ https://hoikumarche.com/

地方からの転職者にやさしい保育士求人サイト

保育士イメージ

【地域別】おすすめ保育士求人サイト

北海道/東北

北海道の「どさんこ・子育て特典制度」、仙台の「のびすく」など、自治体や企業のバックアップ体制が整いつつあります。北海道・東北では保育士の転職・就職に大手の保育士求人サイトを利用するのが鉄板です。北海道と東北では待機児童や細かい保育所の情報が違ってくるので、前もった情報収集が大切になってきます。

北海道・東北のおすすめ
保育士求人/転職サイトはこちら

関東

日本全国でもトップの待機児童を抱えるエリアが関東です。それにともなって保育士の求人情報も膨大なため、転職・就職を考えている保育士さんにとっては悩みのタネ。自分にあった求人、職場を見つけるためには、自分の適性や希望する条件を見てサポートをしてくれる求人サイトを選びましょう。

東京・横浜など関東のおすすめ
保育士求人/転職サイトはこちら

中部

全国でも指折りの待機児童の少なさを誇る名古屋を中心に、中部地方では保育・子育てに対しての環境整備がされています。保育士の離職率が騒がれる現代で、職場環境に配慮することはとても重要です。名古屋エリアは子育てに関して一歩先へ進んでおり、通常の保育に教育の要素をもつ保育園も増えつつあるようです。

名古屋・岐阜など中部のおすすめ
保育士求人/転職サイトはこちら

関西

関西エリアは、関東エリアに次いで保育士の求人が多い地域です。そのため保育士の転職・就職に力を入れている求人サイトも多いので、求職者の希望に合った職場を見つけやすい環境と言えます。大阪は特に働く女性の数が増えつつあるので、今後も保育士の需要は高まるかもしれません。

大阪や神戸など関西のおすすめ
保育士求人/転職サイトはこちら

中国/四国

待機児童の数が少ないのが特徴の中国・四国エリア。特に広島、岡山の両県では待機児童が2ケタと、全国の自治体がお手本とするべき地区と言えます。保育所だけではなく、行政の強力な支援があってこその取り組みです。保育士の求人も少なくないので、自分に合った職場を見つけるのも難しくはないでしょう。

中国・四国のおすすめ
保育士求人/転職サイトはこちら

九州/沖縄

九州・沖縄エリアでは、沖縄県の待機児童の数が目に留まります。その数は東京都に次いでワースト2!行政や自治体も前向きな取り組みをしているそうですが、やはり家庭内で育てる風習が色濃く残るようです。九州エリアの保育士求人も少なくないので、転職の際は条件を決めて求人サイトを見極めましょう。

九州・沖縄のおすすめ
保育士求人/転職サイトはこちら

保育士が仕事を辞めたいと思う理由として、もっとも多いのが人間関係。同僚との人間関係や保護者との人間関係に疲れ切ったことが、退職理由の第1位です。

次いで、低賃金、長い労働時間、少ない休暇、結婚や妊娠などライフスタイルの変化が挙げられます。あなたはどんな理由で今の保育園を辞めたいと思っているのでしょうか?

上手くいく!
保育士の転職活動のコツ

転職活動は、自分流でやってはいけません。理想的な職場に就職するためには、正しい流れ、正しい段取りを踏んで行いましょう。

自己分析のコツ、求人サイトの選び方、募集要項でチェックしておくべきポイント、履歴書の書き方、面接のコツ、そして退職時や入社時に気を付けたいことなど、転職活動の正しい流れを学びましょう。

保育士就職・転職の
基礎知識

そもそも普通の保育士がどのように働いているかを知らないと、あなたの気になる求人が良いものなのかどうかが分かりません。

まずは、改めて保育士の資格や仕事について整理しておきましょう。あわせて、保育士に加えて取っておきたい資格や、50歳以上のブランク保育士の復職、保育士の定年などについて解説します。

保育士の
活躍できる職場

保育士が資格や経験を活かして働く場は、保育園だけではありません。求人サイトを見てみれば、保育園以外の求人の多さに驚くことでしょう。

病院内の保育所や学童、その他の児童福祉施設まで、保育士の活躍できるフィールドは広く用意されています。

免責事項
このサイトの情報は2016年2月~3月時点の情報を基に作っています。
最新の求人情報は各求人サイトを確認してください。