賢い保育士求人の探し方 HOME » 上手くいく!保育士の転職活動のコツ

上手くいく!保育士の転職活動のコツ

保育士転職を成功させるポイント

このカテゴリでは、保育士転職をするうえでの具体的なポイント、注意点などについて解説しています。

転職活動の流れ

保育士の転職活動は、直感的、衝動的、勢い任せでやると失敗する可能性があります。正しい段取りを知り、計画的に行動することで、よりよい職場と出会うことができるでしょう。

売り手市場(保育士不足)の現状、保育園を選ばなければ、資格さえあれば誰でもすぐに転職が可能です。でも、転職する理由は、現在よりも良い職場を見つけること。正しい流れで計画的に活動をしなければ、現在と同じような職場か、もしくはより劣悪な職場への転職にもなりかねません。

転職活動の流れを解説

本当に大事な条件は?自己分析のコツ

面接では自己PRを求められることがあります。その際、前提となるのは自己分析です。

自己分析は「自分はこういう人間だと思う」ではダメ。思い込みが必ずしも自分を正しくとらえているとは限りません。客観的に自分を分析する必要があります。正しく自己分析をすることは、転職活動においてだけでなく、これから長く保育士として働いていく上でとても役立ちます。

ここでは、自分を客観的に分析する具体的な方法を紹介しています。併せて、他人の目を利用した自己分析の大切さも解説しています。

自己分析にはコツがある?

求人サイトの選び方

保育士求人サイトは、非常に多くあります。いったいどれが自分にとって良いサイトなのか、検討がつきません。

そこで、ここでは、あなたにとって有益な求人サイトの選び方を紹介しています。取扱求人数が多くても、あなたのお住まいの地域の求人が少なければ登録しても意味がありません。あるいは、目を付けた保育園が、本当にあなたに合っているかどうか、自分では判断できません。

あなたが選ぶ求人サイト次第で、あなたの今後の人生が左右されます。慎重に選びましょう。

あなたにマッチした求人サイトとは?

求人の募集要項でチェックすべきポイント

保育士の求人情報には、募集要項が記載されてあります。給与や休暇にばかり目を取られていると、とても大切な情報を見逃してしまうこともあります。注意しましょう。

ここでは、募集要項の中の、特に何を重視すべきかについて解説しています。あわせて、要注意求人の見抜き方も紹介します。

募集要項の見方を学べば、数多くの求人をだいぶ絞り込むことができるでしょう。転職してから「話が違う」というトラブルに陥らないよう、しっかりと学んでください。

募集要項の見方

履歴書・面接・自己PRのコツ

保育士の転職活動の基本でもある、履歴書や職務経歴書の書き方、また面接時の自己PRの仕方などについて解説しています。

履歴書や職務経歴書は、その内容だけが重要なわけではありません。書き方などから、その人となりが見えてくるものです。字が乱雑な人や空欄の多い人は、概して、仕事も雑で抜け漏れがあります。

自己PRにしても同様です。話す内容も大切ですが、話している本人からにじみ出る、保育への真剣さや情熱も、とても大切な要素です。

好印象を与える応募書類の書き方は?

退社時・入社時に気をつけること

保育園を退職する際、また他の保育園に入社する際の段取り、流れ、注意点などを紹介しています。

とくに気を配りたいのは、退職する保育園での流れ。退職の意向を伝えるタイミングや、引き継ぎのポイント、返却物、あいさつなど、社会人として守るべき正しい段取りの中で退職活動を進める必要があります。

保育園の先輩や園長が、退職の正しい段取りを教えてくれるわけではありません。新卒で入社してから今回が初めての退職という人は、特にしっかりと学んでおいてください。

円満退職・円満転職のために気をつけること

ブランクがある場合

子育てなどでいったん保育士を退職し、数年のブランクを空けて復職をしようと考える人もいるでしょう。他の業界であれば、ブランクはマイナスポイントです。しかし、保育業界では、必ずしもマイナスではありません。少なくとも、新卒保育士に比べれば優位に立っていると考えて大丈夫。

自信を持って復職活動をしてもらうために、保育士業界におけるブランクの考え方、そして、ブランクのある人の復職活動の仕方を学んでおきましょう。

ブランクがある人の復職活動とは?

口コミ・評判の良いおすすめの
保育士求人・転職サイトをCheck!