履歴書・面接・自己PRのコツ

保育士の転職の際、四苦八苦するであろう履歴書や自己PRの書き方、面接で前の職場を辞めた理由や志望理由を聞かれた際の受け答えの仕方などをまとめています。

履歴書・職務経歴書共通の書き方

まずは、履歴書にも職務経歴書にも共通するポイントを挙げます。

黒のペンを使って空欄を作らない

黒または青のペンで書くのがビジネスマナーですが、黒の方が無難。また、空欄となる部分には「特になし」など、一言添えておきます。

丁寧な字で略語は使わない

丁寧に字を書いているかどうかは、その人の印象を決めます。仕事への丁寧さは、字の丁寧さから見えてくるものです。また、(株)や高校などのように省略せず、「株式会社」「高等学校」と記入します。

誤字脱字に注意する

自信のない漢字は、必ず辞書で調べましょう。保護者向けの連絡ノートなどでの誤字脱字は、子供を預かる機関として致命的です。

学歴・職歴等はもれなく書く

ブランクがあった場合には、その期間に何をしていたのかも端的に記しておいたほうが好印象。

作成したら読み返す

誤字脱字がないか、読みやすいかなど、採用担当者の立場に立って読み直します。一晩おいてから読み直すほうが良いでしょう。

履歴書作成のコツ

次に履歴書の書き方の注意点を見ていきます。

日付

履歴書を提出する予定の日付を入れます。郵送の場合には、ポストに投函する予定の日付を入れます。和暦または西暦で統一してください。

氏名

大きな字で、バランス良く、丁寧に書きます。略字は禁止。ルビは書式の指示によって、平仮名かカタカナを選んでください。

写真

3ヶ月以内に撮影した写真を使用します。水に塗れてもにじまないよう、証明写真BOXか写真屋さんで撮影してもらいましょう。

電話番号・メールアドレス

書式に従い、固定電話または携帯電話、あるいは両方を記入します。また、メールアドレスの記入欄がある場合には、必ず記入します。その際、携帯アドレスよりもPCアドレスが望ましいでしょう。

印鑑

シャチハタ以外の印鑑を使います。

学歴

特にルールはありませんが、基本的には、中学・高校は卒業年月、その後の学校は入学年月と卒業年月を書きます。下の空欄とのバランスで増減させましょう。学校名も学科名も、略称を使わず正式な名称を使ってください。

職歴

時系列で、社名・入社年月・退職年月・退職理由を並べます。退職理由は、基本的に「自己都合」で。会社の規模や職務内容も、ごく簡単に記しておいたほうが親切です。

免許・資格

取得年月に従って時系列で並べます。保育士に関わりのある免許・資格を優先させてください。自動車免許のある人は、必ず記載を。

趣味・特技

何か書いてください。趣味がない人は魅力に欠けます。面接で突っ込まれても良い趣味・特技を書きましょう。

志望動機

もっとも重要な部分です。他の保育園ではなく、なぜここなのかが明確になるようまとめてください。

通勤時間

最短時間を書きます。通勤に時間のかかりすぎるのは悪印象になります。1時間半を超えるならば「転居検討中」と添えて、本当に転居を検討しましょう。

本人希望

特別に希望するものがない限り「貴園の規定に従います」と記入します。

職務経歴書作成のコツ

職務経歴書の注意点は以下の通りです。

パソコンで作成し、箇条書きにする

可能であればA4サイズ1枚にまとめましょう。また、職務経歴書は時系列をもとにした箇条書きを基本にします。勤務していた保育園名、担当人数、何歳児クラスかなど、端的に添えておきます。

職務に関連したPRは積極的に書く

責任者を任されたこと、表彰を受けたこと、資格を取得したこと、英会話のスキルがあることなど、職務に関連するプラス要素は積極的に書きます。

ここでなければならない理由を端的に書く

他の保育園でも実現できる内容を志望理由にしないこと。園の方針や理念への共感を添え、他園では実現できないことをアピールします。

面接における自己PRのコツ

面接官は、あなたの本来の姿を良い面、悪い面双方を知りたがっています。無理に自分を飾ろうとしても、経験豊富な面接官には一発で見抜かれてしまいます。

最低でも、以下のことをしっかりと整理して、暗記ではなく「自分の言葉」で言えるようにしましょう。本心からの言葉でなければ、面接官には見透かされますので、飾りは適度にしましょう。

保育士になろうと思った理由・その園を志望した理由

保育士という仕事に興味を持ったきっかけと、その思いが具体化していく経緯などを説明しましょう。また、数ある保育園の中からどうしてその園を選んだのか、あなた自身の言葉で存分に語ってください。

前の保育園を辞めた理由

面接で一番気を付けたいのが前の園を退職した理由。ここで心証を良くしようとして前の園をネガティブに言うのはタブー。また、「スキル向上」や「保育方針への共感」といったテンプレートに載っている理由の場合、なぜその園でが良いのかも添えるといいでしょう。

過去の職務経験

何歳児クラスで、どのような仕事をしてきたか。また、そこからどのようなことが得られたか、今後どのように活かしていきたいかなど、素直に考えておいてください。

特技や趣味

保育に関連するものであれば理想ですが、無理する必要はありません。

面接における自己PRでは、つまるところ、「話している内容ではなく、話している人物」を見られています。

内容は、どのようにでも表現することができます。口のうまい人は上手にまとめることができるでしょう。しかし、業務で必要なのは、口ではなく人物です。保育士としての、仕事への真剣さがもっとも大事であることを忘れないようにしてください。

履歴書も面接も第一印象が大事

履歴書や職務経歴書は、採用担当者とあなたとの最初の接点です。いわば、あなたの第一印象です。

採用の可否は第一印象でほとんど決まると言われますが、これは決して大げさではありません。これまで何人もスタッフを採用してきた人にとって、第一印象の良し悪しが、入社後の仕事の良し悪しとほとんど一致することを知っています。

まずは第一印象で落とされないよう、履歴書、職務経歴書は丁寧に作成しましょう。

口コミ・評判の良いおすすめの
保育士求人・転職サイトをCheck!