保育士の仕事内容

一般的な保育園を例に保育士の仕事内容を紹介します。

保育士の具体的な仕事内容とは

保育園は、子供や保護者を相手に仕事をする場所。人間を相手にする仕事に際限はありません。なんでも仕事、というのが現場の感覚です。

そのような中でも、いわばルーティーンとして日常的に行わなければならないのが以下のような仕事です。

園児に基本的な生活習慣を修得させる

食べる、眠る、排泄する、着替えるといった、人の生活の基本動作を身に付けさせます。

園児の身の回りの世話をする

おむつ交換、健康状態のチェック、安全性の確保、行動監視など、園児の意識がいたらない部分を補助します。

社会性を養わせる

集団で協力してイベントを行うなうなどして、社会の一員であることを認識させる。

遊びを通じて健やかな心身を育てる

子供が主体的な意識を持つ「遊び」を利用し、計画的に心と体の健全な成長を促す。

保護者に適切な報告・アドバイスを行う

各園児の状況について、保護者に対し客観的視点で報告を行なう。同時に保育の専門家としての立場から、適切なアドバイスを行う。

子供の健全な成長のために地域に連携を促す

地域社会に協力を仰ぎ、子供の健全な成長を目指して様々なイベントを企画・実行する。

以上のことは、言葉で言えば簡単なのですが、これらに関わってくる一切の行動が仕事になるので、やはり仕事内容は際限ないことになります。

特に大事なのは、子供の安全、健康に気を配ること。小さな変化も見逃せません。

ほかにも、施設内の安全性・清潔感の確保、子供や保護者との信頼関係作り、地域との協力体制作りなど、やることは無限です。

保育園とは、「保護者に代わって子供を預かる福祉施設」です。保育士は、代理保護者です。「もし本当の保護者ならばこうする」と考えられるものは、すべて保育士の仕事と考えて差し支えありません。

なお、保育士は、子供たちがいる間だけが仕事時間ではありません。子供が帰ったあとに残された、様々な事務仕事、肉体労働もあります。時間的にも体力的にも、かなりハードな仕事と言えます。

保育士として仕事をすることの意義・やりがい

こうしてみると保育士の仕事はハード。しかも、必ずしも高給とは言えません。ともすると、保育士資格を持っていたとしても、保育園で働くより普通の会社で働いているほうが、仕事は楽で給与は良いかも知れません。

しかし、それでも保育士を続けたい人が大勢います。なぜでしょうか?それは、保育士としての仕事には、普通の会社では得られない大きな充実感と喜びがあるからです。

子供の成長を見守ることができること。親よりも多くの時間を子供と接し、細やかな変化を調整しながら卒園へと導く喜び。

入園した当初は赤ちゃんのようだった彼ら、彼女らが、人の言葉を解すようになり、話すようになり、着替えも一人でできるようになり、そして社会性まで身に付けて巣立っていくのです。

保育士が感じている仕事へのやりがいは、恐らく母性や父性の本能的なものから出ているのではないでしょうか。人としての根源的な喜びは、普通の会社の事務仕事で得られるものではありません。

だからこそ「給与が少ない」「拘束時間が長い」「休めない」など、不満を抱えつつも保育士を辞めないのです。

保育士の一日はどんな感じ? ~一般的な保育園の場合~

保育士の一日を簡単に見てみましょう。

  1. 出勤
    園児が来る前に、掃除などは済ませておきます。
  2. 登園の対応
    子供たちを迎えます。保護者からの伝達があることもあります。
  3. 朝礼
    伝達事項や、子供の健康状態など、情報を共有します。
  4. 朝の会など
    園児全員であいさつや体操などを行ないます。
  5. 自由時間
    基本的には、子供たちに自由に遊ばせます。保育士は一緒に遊びながら、安全性の確保に気を配ります。園外に散歩へ出かけることも。
  6. 昼食
    手洗い、うがい、歯磨きなどの習慣も同時に習得させます。
  7. 昼寝
    布団を敷き、昼寝をさせます。保育士はその間、子供たちを見守りながら事務作業等を行います。
  8. おやつ
    昼寝から覚めたら、おやつの時間になります。
  9. 自由時間・降園
    再び自由に遊ばせながら、保護者のお迎えを待ちます。同時に、保護者に一日の様子を伝えます。
  10. 延長保育
    園長保育の園児を集めて、全員で遊びます。
  11. 勤務終了
    子供たちが全員帰ったあと、事務仕事や片付けなどをして、勤務終了となります。

これはあくまでも一般的なもの。日によっては運動会や何らかの発表会の練習も入ってきます。

口コミ・評判の良いおすすめの
保育士求人・転職サイトをCheck!