免許・資格について

保育士の資格を取得するまでの流れや幼稚園教諭との違いを紹介します。

保育士の資格ってどんなもの?

保育士とは、保護者の代わりとして子供の生活を援助する仕事です。保育士になるには保育士資格が必要です。

ここでは、保育士資格の基本的知識と、幼稚園教諭との違いなどについて解説しています。

資格取得までの流れ

保育士の資格を取得する方法には、様々なものがあります。大別すれば、「保育士養成学校を修了する方法」と「保育士試験に合格する方法」とがあります。

保育士養成学校を修了する

厚生労働省が指定する保育士養成施設を修了すれば、自動的に保育士の資格が与えられます。

具体的には、4年制大学、短期大学、専門学校、それ以外の養成学校を卒業することで、保育士の資格を得ることができます。

もちろん、保育系の科目を専攻している必要がありますが、注意したいのは、保育系の専攻だからといって、必ずしも厚生労働省から保育士養成学校として指定されているわけではない点です。

保育士を目指して進学する人は、厚生労働省から養成学校として認可されているかどうかを確認のうえ、受験しましょう。

保育士試験に合格する

保育士養成学校を修了していない人でも、試験に合格すれば保育士の資格を得ることができます。ただし、試験を受けるための前提(=受験資格)がありますので、受験前に確認が必要です。

以下に該当する場合には、保育士試験の受験資格があります。

  • 大学・及び短期大学の卒業者もしくは卒業見込みの者
  • 大学中退または在学者で、62単位以上の修得もしくは修得見込みの者
  • 2年以上通う専門学校卒業者もしくは卒業見込みの者
  • 指定年月日以前に高校もしくは保育科高校を卒業した者
  • 高校卒業後、児童福祉施設において2年以上の実務経験を持ち、なおかつ2880時間以上その仕事に従事している者
  • 中学卒業後、児童福祉施設において5年以上の実務経験を持ち、なおかつ7200時間以上その仕事に従事している者
  • その他都道府県知事から受験資格を与えられた者

どのようなことを勉強するのか

保育士養成学校では、最低2年かけて様々なことを学びます。

1年目は、保育や福祉の基本理念、および心理学や美術、ピアノなどの技術です。保育園で働くための土台となるものばかりですが、学校によっては少し内容が異なる場合もあります。

2年目は、1年目より具体化したカリキュラムになります。沐浴、ミルクの作り方、また全身を使うリズム遊びの「リトミック」を学ぶ学校も多くあります。

幼稚園の先生と何が違うの?

幼稚園と保育園は、似ているようですがまったく違います。

幼稚園は、文部科学省が管轄する学校。「学校教育法」という法律のもとで管理されています。小・中学校、高校、大学、専門学校などと同じ仲間です。

一方、保育園は、厚生労働省が管轄する福祉施設。「児童福祉法」という法律のもとで管理されています。老人福祉施設、障害者支援施設、婦人保護施設などと同じ仲間です。

それでは幼稚園での仕事に必要な資格について少し解説します。

幼稚園教諭一種免許状とは

4年制大学において、所定の単位を修得することによって取得できる免許状です。園長になるためには、この一種免許が必要です。

また、二種免許取得後に経験を5年積み、かつ大学等で45単位以上を習得すれば、二種免許を一種免許に格上げすることもできます。

幼稚園教諭二種免許状とは

短大や専門学校において、所定の単位を修得することによって取得できる免許状です。

また、臨時免許を取得後に経験を6年積み、かつ短大で所定の単位を修得すれば、臨時免許を二種免許に格上げすることもできます。

幼稚園教諭専修免許状とは

一種免許を取得後、大学院で所定の単位を修得し、修士課程を修了することで取得できる免許状です。

口コミ・評判の良いおすすめの
保育士求人・転職サイトをCheck!