賢い保育士求人の探し方 HOME » 【地域別】おすすめ保育士求人・転職サイト » 九州・沖縄のおすすめ保育士求人・転職サイト

九州・沖縄のおすすめ保育士求人・転職サイト

九州(福岡・熊本・鹿児島・沖縄など)のおすすめの保育士求人サイトを紹介しています。

福岡・熊本・鹿児島・沖縄エリアのおすすめ保育士求人サイト

福岡・熊本・鹿児島・沖縄エリアで実績のある保育士求人サイトを紹介します。ご自身の転職活動で重視すべきポイントを整理して、ぜひ最適な求人サイトを探してみて下さい。

なお、掲載している求人数は、2016年2月現在のものになります。

保育ひろば
保育ひろば
掲載求人数 673件
人材紹介大手のネオキャリアが提供する、保育士求人専門サイト。他サイトでも蓄積している豊富なノウハウが、あなたの転職活動をしっかりとサポートします。保育所とのネットワークは、全国最多水準の40,000件!

保育ひろばで求人を探す

fine!保育
fine!保育
掲載求人数 404件
公開されている求人数は、業界でも最多レベル。操作法はいたってシンプルなので、転職を決意した人だけでなく、まだ迷っている人も気軽な気持ちで利用することができます。検索画面には47種類もの条件入力が可能。

fine!保育で求人を探す

ほいく畑
ほいく畑
掲載求人数 65件
シンプルで使いやすいサイトと評判のほいく畑。随時カウンセラーとの相談が可能で、気になる職場は見学することも可能。転職後のアフターフォローも含め、手厚いサポートなどが評判で口コミも良好です。無料セミナーも充実しています。

ほいく畑で求人を探す

福岡・熊本・鹿児島・沖縄エリアの保育事情

待機児童に関して

平成26年10月1日の発表(厚生労働省)によると、福岡県、熊本県、鹿児島県、沖縄県の待機児童の数は、それぞれ832人、643人、2632人、鹿児島486人となっています。

全国的に見れば、九州・沖縄地域の待機児童は多めで、自治体における保育・子育て政策への、より積極的な取り組みが望まれます。特に沖縄県の事情は深刻で、47都道府県のうち東京に次いでワースト2位となっています。

育児に関する行政サービスの一例

福岡県では、平成27年4月から、これまで以上に子育て支援を拡充するために「子ども・子育て支援新制度」をスタート。

保育のあり方の見直しや、地域社会における子育て支援のための資源確保、保育士就職支援センターの設置、潜在保育士に対する実習、経験豊富な保育士の待遇改善など、重要な枠組みを作りました。今後、現場における具体的な実施が期待されています。

熊本県では、現在、6つの保育支援を実施しています。延長保育、一時預かり、地域子育て支援拠点事業、休日保育、特定保育、認定こども園です。

行政は子育てに関して積極的な努力をしています。待機児童問題を解消する段階まで、もう少しです。

鹿児島県では、地自体が非常に多くの子育て支援政策を推進しています。健やかな子供の成長のためには、最低限の経済力が必要。「ひとり親家庭自立支援給付金事業」では、ひとり親の職業能力訓練への経済的支援を行なっています。

沖縄県は、待機児童の数が東京に次いでワースト2位という不名誉な地位となっています。ただ、東京と大きく異なる点は、地域社会で子供を育てる風土の存在。保育園に通えないことが「かわいそう」であり、「不幸」だとは、一概には言えません。

一般的な都道府県に見られるような保育・子育て支援のほかに、各自治体では事業所内の保育施設への援助を強く勧めています。

保育や子育てに関わる地域情報

福岡は、全国の人口が減少しつつある現在に逆行するかのように、都市化が止まりません。地域経済の成長に合わせて、子育て世代でもある若者の労働力が必要とされています。

他方で保育園の増設が間に合わず、待機児童の増加が社会問題化しています。保育行政改革は急務と考えられています。

熊本には子育て世帯が多く、そのほとんどの家庭が保育園・幼稚園に子供を預けています。現状、保育士の求人が非常に多いエリアです。働く女性でも預けやすいような保育施設も、徐々に増えています。

鹿児島では、保育士不足が深刻です。幼稚園教諭も不足しています。待機児童解消のためには、まだまだ施設の拡充が必要です。だからこそ、保育士資格を持つ人への待遇は良好。福利厚生も充実した求人が多く見られます。

沖縄では、おもろまち駅や県庁前駅からアクセスの良い保育施設が充実しています。福利厚生がしっかりした保育所が多いのが、沖縄の特徴です。待機児童が多いため、さらなる施設の拡充が望まれています。

口コミ・評判の良いおすすめの
保育士求人・転職サイトをCheck!