親や同僚などの人間関係

保育士が仕事を辞めたいと思う理由のひとつ、人間関係のこじれについて説明しています。

保育士を辞めたいと思う理由【その1:人間関係】

人間関係がうまくいかなくて、仕事を辞めた人に話を聞きました。

Aさんの例:保護者や同僚との関係がうまくいかない…

保育士養成学校を卒業し、希望の保育園に就職することができました。以来2年ほど働きましたが、人間関係に耐えられず転職しました。

ただ、保育の仕事は好きだったので、業種を変えたわけではなく、園を変えただけになります。

以前働いていた保育園を辞めた理由は、ひとえに人間関係でした。具体的には保護者との関係、そして、職場内での保育士同士の関係でした。

保育士として勤務する前は、いかに子供に接するか、いかに子供を健やかに育てるかなど、「子供」への視点しかありませんでした。

でも実際に仕事をしてみると、子供はもとより、保護者との関係が特に大変。まだ生まれてから数年しかたっていない子供ですから、保護者の方々の愛情も高く、中には行き過ぎてしまう人もいました。

また、職場内での先輩たちとの関係も、良好とは言えませんでした。出勤時間や退勤時間は決まっているのに、暗黙の了解で、先輩よりも遅く出勤したり、先輩よりも早く退勤したりすることは許されません

結局、シフトなどあってないようなものでした。イジメに近いものも受けました。

ストレス、寝不足、過労。より良い職場を探して、退職を決意。転職エージェントのお世話になり、現在の職場に入社して3年目になります。

今の職場は、以前のような悩みはほとんどありません。出勤時間も退勤時間も厳格で、休みもしっかり取れます。

一時は、保育士という職場はみな同じようなものでは、と悩んだ時期もありましたが、そんなことはありません。職場が変われば、まったく違います

以前の私と同じようなお悩みをお持ちの方には、転職も一つの選択肢に入れておかれることをお勧めします。

保護者との関わり

保育士は子供を預かる仕事。子供を預けるのは保護者。保育士と保護者とは、切っても切り離せない縁なのです。

「子供と関わっているのが好き」という理由だけで保育士になった人も、少なくはないでしょう。しかし実際に働いてみると、子供といる時間は充実していても、保護者と関わっている時間が憂鬱、という例も多いのではないでしょうか?

たとえば子供がケンカしたとき。保護者は、保育士から「お宅の子供が先に手を出した」という説明を受けても、釈然としないでしょう。時に保護者という生き物は、自分の子供を前にして論理性や客観性を著しく失ってしまうことがあります。モンスターペアレントに成長してしまうこともあります。

正論で仕事をしても、保護者に正論は通用しないことが往々にしてあるのです。保育士が仕事を辞めたくなるのも、無理はないでしょう。

同僚や上司との人間関係

最近は男性保育士も増えてきたとはいえ、保育士の世界はまだまだ女性社会です。女性同士の空間では、論理性や正論よりも、感情や好き嫌いが優位になることもあります。

自己の感情を優先するあまり、誰のメリットにもならないことを、多大なエネルギーをもって推進する女性もいます。

こうした環境の下、特に新人社員は、理不尽な目に遭うことも少なくないでしょう。場合によってはイジメに遭うこともあります。

また厄介なことに、こうした感情絡みのトラブルは、加害者自身が被害者意識を持ってしまうことが多いため、イジメているほうもイジメられているほうも、ともにストレスを蓄積させてしまいます。

ひいては、どちらの立場であったとしても、「もう保育士辞めたい…」と思うにいたっても、不思議ではありません。

人間関係で悩んだときにはどうすれば良いか?

人間関係で悩んだ時に第一に考えるべきことは、改善を試みることです。

相談のしやすい園長であれば、相談してみるのも良いでしょう。うまく立ち回っている人を、よく観察してみるのも良いでしょう。

試行錯誤しても改善の見通しが見えないならば、思い切って転職を考えてみるのも一つの方法です。悩み過ぎて時間が無為に過ぎていくことだけは避けなければなりません。

実は、あなたと同様の思いを抱いている保育士は大勢います。そして実際、改善の見通しなく転職した保育士も大勢います。人間関係で悩んでいるあなたは、決して珍しいわけではないのです。

思い切った決断や思い切った転職は、決して逃げではありません。より高いところを目指したいという向上心の現れでもあります。

あなたは保育園の奴隷ではなく、また、あなたの人生はあなたにしか選ぶ権利はありません。何より、あなたが気持ちよく働くことこそ、保育サービスを受けている子供たちのためになることを忘れないでください。

口コミ・評判の良いおすすめの
保育士求人・転職サイトをCheck!