その他児童福祉施設

保育士が活躍できる様々な職場

保育士の資格があれば、様々な場で活躍できます。例えば、児童福祉施設で働く「施設保育士」がその最たる例です。

ここでは施設保育士として働ける児童福祉施設の一例を紹介します。

児童養護施設

家庭の事情によって擁護を必要とする児童を預かり、自立に向けて支援する施設。家庭の事情とは、保護者の死亡、保護者の失踪、保護者の疾病、保護者の拘禁、虐待、経済的事情などがあります。幼児も預かっているため、保育士の有資格者は貴重です。

児童自立支援施設

不良行動をした児童、または不良行動をする可能性なる児童、あるいは家庭に問題のある児童を預かり、自立まで指導するための施設です。

児童家庭支援センター

家庭から児童福祉に関する相談に応じ、アドバイスや指導を行う施設です。

助産施設

分娩の補助を行う、病院ではない適法な施設。妊婦、または新生児を持つ親に保健指導などを行っています。

乳児院

保護者のいない乳児・幼児(小学校入学前まで)を支援する施設です。

母子生活支援施設

主に、生活に困窮する母子世帯を支援する目的で、一定期間、子供を入所させる施設。世帯が自立生活を営めるよう支援します。

障害児入所施設

障害を持つ児童を入所させる施設。様々な施設がありますが、主なものは、知的障害児施設、知的障害児通園施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設、情緒障害児短期治療施設、自閉症児施設、児童発達支援センターなど。

それぞれの施設における仕事内容自体は、保育園での仕事と共通しています。ただし、その施設の目的に応じて、保育士プラスアルファの専門知識は、最低限必要となるでしょう。

保育士が活躍できるフィールドは広い!

最終的には保育園に就職することになるとしても、まずは、保育士イコール保育園、という先入観は排除しておいたほうが良いでしょう。先入観があると、保育園での仕事がうまくいかなくなったときに、将来の選択肢がなくなったかのような錯覚に陥る恐れがあるからです。

保育園は「児童福祉施設」。児童福祉施設には、保育園だけではなく、たくさんの種類があります。すべての種類の児童福祉施設において、保育士の能力は必要とされていることを認識しておきましょう。

口コミ・評判の良いおすすめの
保育士求人・転職サイトをCheck!